自宅を手放す時の方法とは|通勤に便利な不動産物件がサラリーマンに人気
レディー

通勤に便利な不動産物件がサラリーマンに人気

自宅を手放す時の方法とは

住宅模型とお金

どちらの売却方法がいいか

せっかく手に入れたマイホームなのに、お金がなくて住宅ローンを払えなくなってしまった場合は、2通りの売却方法があります。1つは競売、もう1つは任意売却です。競売は住宅ローンが払えなくなってしばらく経つと、入札が行われて売却されます。しかしこの場合は一般の市場価値よりも安く売却されます。退去日も自分では選べませんし、転居のための費用もまず出ません。しかも、関係者が出入りします。任意売却の場合は、そのようなことはありません。売却は一般的な不動産とほぼ同じ値段で行われ、退去日を選ぶこともできますし、転居のための費用も出ます。ですから、住宅ローンが払えなくなった場合は、まず法律事務所、または専門業者に相談して、任意売却を行うのがいいでしょう。

依頼は弁護士か専門業者へ

任意売却は、弁護士または専門業者に依頼して行いますが、弁護士は出来高制で、売却できなかった場合には報酬を払う必要はありません。大体相場としては、20万円から60万円程度です。専門業者の場合は、売却額から報酬を受け取りますので、実質無料です。また、住宅ローンを組んだ金融機関が、専門業者を紹介するケースもあります。また任意売却をした場合は、生活支援者がいれば、売却した家にそのまま住むこともできます。たとえば親が子供に任意売却をして、子供が自分の名義でローンを組んだ場合、親は転居をする必要はなく、そのまま住み続けることができます。色々とメリットは多いので、住宅ローンが払えないという時は、入札が始まらないうちに任意売却を検討するのがおすすめです。